白髪染め

白髪染めにはマイナチュレが出しているカラートリートメントというもの以外に様々なものがあります。

 

髪が傷まないものや、きれいな色に染めるものまで。

 

それらの特徴を追ってみました。

 

そこで分かったことは、
やっぱりカラートリートメントが良いということです。

 

色に制限がありますが、
髪や頭皮を傷めないで、常時自宅で染めることができる。

 

これによって、白髪を他人から指摘されることもなく、自分でも気にする度合いが軽減されます。

 

ただし伸びてくることは抑えられないので、常時染めるコストはかかってしまいます。

白髪染め記事一覧

ブリーチ

ブリーチは黒い髪毛の色を明るくします。モノや時間、回数にもよりますが、金髪から城に近い暗い色を抜くことができます。髪の毛の中に存在するメラニン色素というんものを破壊して抜きます。アルカリが強いので、髪の毛は傷みます。傷みにくくもなっています。日本人の場合あまり白色まで抜けないことが多く、白くしたい人...

≫続きを読む

 

ヘアダイ

ドラッグストアなどに行くとヘアダイという白髪染めがいっぱい売っています。ヘアダイはジアミンという化学物質の入った1液に、過酸化水素水の入った2液を混ぜて使います。人によっては頭皮が染みたりかぶれたりします。通常は地肌から塗っていきます。水っぽいタイプやクリームタイプやシャンプー対応など様々なタイプが...

≫続きを読む

 

おしゃれ染め

おしゃれ染めは、髪の毛を明るくおやれにしたいときに多く使われています。液の仕組みは、ある程度色を抜いて、赤やオレンジ、アッシュやマットの色味が入っていきます。これに茶色が多く入るとおしゃれ白髪染めになります。白髪が少しあった場合、周りの色が明るくなるので白髪が目立ちにくくなります。人によってはしみた...

≫続きを読む

 

ヘアマイキュア

基本的にヘアマニキュアは、カラートリートメントと同じで、髪の毛の表面にイオン吸着します。カラートリートメントに比べて・・色が付きやすいさまざまな色がある髪の毛の内部にまだ入り込むタイプがあるなどいいことがありますが、付きやすい分、地肌から塗れなかったり、黒い髪の毛の色は、赤やピンクなどの赤系の濃い色...

≫続きを読む